体感的な傾向になりますが、中小企業診断士は自分でホームページを持っている人は少ないと感じています。
ですが、独立を前提にしている中小企業診断士なら、ホームページを自前で持つべきです。

本記事を読むことで、以下の情報を得られます。

  • 士業・コンサルが自分のホームページを持つ際に便利なワードプレスのテーマを知ることができる
  • 特に、無料テーマに絞って紹介することで、まずは低コストでホームページ・ブログを持つことができる
スポンサーリンク







自分のホームページやブログを持ってる中小企業診断士は余り多くない

体感的な傾向です。
実際に比較分析した訳では無いのですみませんが、独立してるのにホームページやブログを持たず、SNSでも特に発信していない人をたくさん知ってます

ですが、税理士や社労士、弁護士などは、独立開業している方々は大半が自身のホームページを持っています。
それが、こと中小企業診断士になると、独立しててもホームページを持ってる人は少ないんじゃないか。SNSで情報発信する人も限られているような。

中小企業診断士として売上拡大を提案する機会は多くあります。
その際に、訪問先企業がロクなホームページを持っていなかったら、まず100%ホームページ改修・新規制作したら?と提案するでしょう。

でも、それを言う診断士自身はホームページを持ってない人も多い。
滑稽ですよね。自分でまずはやってみようよ。

ということで、士業・コンサル向きのワードプレステーマを厳選紹介したいと思います。

士業・コンサルタントにお勧めのワードプレステーマ5選!

Cocoon

無料テーマ「Cocoon」の士業・コンサル向けのポイント

無料版でありながら、その機能の豊富さに驚かされます。
当ブログのEmanonではプラグイン扱いで別料金であったAMP対応も標準装備です。

もう、無料でブログを始めるなら何も考えずにこれでいいんじゃないの?って言うぐらい、優れた機能とカスタマイズ性を有しています。
また、見た目も悪くない。シンプルな構成と、カラーの変更も容易にできるので好みの配色も実現できます。

avatar
自分がブログ書き始めた時にこのテーマがあったら、間違いなく選んでいたかな…

無料テーマ「Cocoon」の士業・コンサル向けの難点

唯一、難点をあげるとすれば、トップページのカスタマイズがちょっと難しい点でしょうか。

このテーマは、ブログサイトを前提に作られています。
そのため、トップページも多数の記事やサムネイルを紹介する前提の作りになっています。

コーポレートサイトのような、トップページに「当社の強み」「お客様の声」「会社概要」といったブログサイトには余り見られない項目を盛り込もうとすると、ちょっと一工夫する必要があります。

固定ページをトップページに設定して、カスタマイズして、というように。

テーマ「Cocoon」制作事例

ちなみに、弊社FYSコンサルティングのホームページは、こちらをベースにデザイン面をカスタマイズして構築しています。

弊社のホームページ

Lightning

無料テーマ「 Lightning 」の士業・コンサル向けのポイント

シンプルなコーポレートサイトを作るのにお勧め。
ブログ投稿は余りせず、ニュースや活動報告などの投稿をする程度の予定の方は、こちらがお勧めです。

無料テーマ「 Lightning 」の士業・コンサル向けの難点

これ無料テーマの中では結構人気なので、たまーに被ります…
周囲にも、中小企業診断士で1名、社労士のコンサル会社で1名利用している方がいます。

構成が似たサイトがあっても全然気にしないよーという方なら全く問題は無いでしょう。公開されているWordpressテーマを使ってサイトを作る時点で、誰かとは被るものですから。

テーマ「Lightning」で作られているWordpressサイトの紹介

(リンク勝手に張ったら怒られるかな…)

avatar
勝手に宣伝してしまえ!

色々とお世話になっている社労士の安先生が立ち上げたコンサル会社(こんくり株式会社)のホームページです。

ちなみに安先生はコンビニ社労士®なので、コンビニ労務案件があれば是非ご連絡を!(もちろん他業種の労務案件も対応いただけます)。

Luxeritas

公式HPより引用

無料テーマ「Luxeritas」の士業・コンサル向けのポイント

特に表示スピードに力を入れたワードプレステーマです。
その徹底的なこだわりっぷりは、公式サイトに非常によく表現されています。
2019年8月時点で公式ページのPageSpeed Insightのスコアは99点でした。

2018年7月以降、Google検索の順位に表示スピード(ページの読み込みスピード)が影響することが公式に発表されています。

本テーマは、モバイル版も含めて無料テーマの中では恐らく最高の表示スピードを誇るテーマです。
その分、画像やアニメーション装飾は控えめですが、余りゴテゴテしたサイトを好まない士業やコンサル向きのテーマであると言えるでしょう。

無料テーマ「Luxeritas」の士業・コンサル向けの難点

CTAに関する機能が若干弱い点が、デメリットと言える、かもしれません。
ですが、プラグインなどで充分カバーできる範囲かと思われます。

ブログ記事投稿重視であれば、CocoonかLuxeritasを選んでおけばまず間違いないでしょう。

Emanon Free

Web集客に特化したWordPressテーマ Emanon(有料版リンク)

当ブログも利用しているテーマです。こちらは、無料版も用意されており、ある程度の機能が無料版で提供されています。

無料テーマ「Emanon Free」の士業・コンサル向けのポイント

avatar
このブログの色々なページを熟読すれば良いよ!

見た目のシンプルさと綺麗さが気に入っており、こちらのテーマを利用するに至りました。
あと、余り競合で使っているサイトも多くないのですよね…
多少SEOの強さは落ちるかもしれませんが、被りにくい点も気に入っています。

無料テーマ「Emanon Free」の士業・コンサル向けの難点

利用した感想としては、検索順位がなかなか上がらないのがちょっと悩み。
もちろんコンテンツの問題もあるでしょうが、明らかに貧弱なサイトよりも下位になっているケースを結構見かけるんですよね…テーマ変えてみようかしら。

Sydney

私がホームページ作成案件を請け負った際に利用した無料テーマです。

無料テーマ「Sydney」の士業・コンサル向けのポイント

こちらの特徴は、ファーストビューのインパクトでしょうか。
士業・コンサルの方でも、特にセミナー登壇や交流会運営などの事業をしており、写真でインパクトを残したい方に適しています。

また、プラグイン 「Page Builder by SiteOrigin」 の利用が推奨されており、こちらはより感覚的にホームページを構築できます。ページビルダーとともにホームページを作ってきた中高年の方なら、自作も容易かもしれません。

無料テーマ「Sydney」の士業・コンサル向けの難点

士業・コンサル向けに限定される難点ではありませんが、言語が英語であることでしょうか。
海外で制作されたテーマなので、英語である程度テーマの機能を理解する必要があります。

テーマ「Sydney」制作事例

ある江戸川区の運送業のホームページは、こちらをベースにカスタマイズすることで構築しています。

士業・コンサルタント向きの無料テーマの選定基準は?

以下の基準でお薦めを選択しています。

信頼を得やすい、白や青を基調としたテイストのカラー設定が可能であること

色は、閲覧者に様々な感覚を与えます。
基本的にはワードプレステーマには「スキン機能」が備わっていることが多く、色のテイストを選んで設定することで、全体的なサイトの雰囲気を調整できます。

特に士業やコンサルタントは、サイトが胡散臭く感じられないように作ることは大事ですね。投稿・記事内容も重要ですが、世のブロガーが用いるアニメーションごてごてのテーマよりシンプルなテーマがお勧めだと思います。

ブログ投稿に強いこと

やはり、士業・コンサルタントはノウハウや最新動向の情報発信が大事です。

ホームページを作って終わり、では、負の資産になっていきます。
更新が無いホームページは、むしろマイナス効果です。

ブログ形式の投稿を継続的に実施していくことが重要ですので、投稿記事の作成しやすさ、エディターのオプション機能の豊富さも、一つの重要な判断基準になります。

特に、ワードプレスの標準エディターがGutenbergになってから、文章途中の装飾がしにくくなりました。
この辺りの保管機能があると、より便利ですね。

SEOにある程度強いこと

ある程度、です。
基本的には、無料テーマより有料テーマの方が様々な機能が用意されていることから、上位表示を狙いやすいです。

なので、SEO上位表示を積極的に狙いに行くのであれば、無料テーマではなく有料テーマから選ぶ方が良いでしょう。
ですが、CocoonやLuxeritasのように、更新がしっかり実施されている無料テーマは、メンテナンスが充分でないひと昔前の有料テーマより優れているケースもよくあります。
(見る人が見れば、内部構造がSEO最適化されているか分かります)

この記事であげているテーマは、ある程度その造りからSEOに強い部類であろうテーマを紹介するようにしています。

複数メンバーでの執筆やメンバー紹介ができる

例えば士業・コンサルタントが複数名いるような組織の場合、記事執筆者も複数人で分担することが多いでしょう。
チームメンバーをリスト形式で紹介することもあると思います。

その際に、テーマ標準機能でそれらをサポートしてくれると、非常にありがたいですね。

当ブログテーマ「Emanon Pro」でも、有料プラグインでメンバー紹介的なページを作成することができます。

士業・コンサルタントがホームページを作ることについて纏めると

情報発信が大事だよ、ということに尽きます。

いまは、ネットに情報が溢れている時代ですね。
Googleで検索すれば、大抵の情報は無料で得られる状況です。

その中で、自分に価値を感じてくれる人がお客様となってくれます。
自らにその価値があるかどうか、は、自分の力で示していかないといけません。

ホームページでの情報発信は、すぐに効果が得られるものではありませんが、積み重ねのストック資産になります。

今すぐに取り組むことで、5年後、10年後、大きな差を生じることができるでしょう。この記事を見たあなた、すぐレンタルサーバーを契約しましょう!

ドメインの取得ならお名前.com

レンタルサーバーのお勧めは?

XServerのX10プラン一択だと思います。

もちろん、他にもっと安いレンタルサーバーもあります。
ですが、コストと性能・機能を鑑みると、XServerを選んでおけばとりあえず問題無い、と言えるぐらいに優れたレンタルサーバーだと思います。

  • サーバーのコントロールパネルが初心者でも使い勝手がいい
  • SSL対応も無料でカンタン
  • サイトの読み込みスピードも十分

困ったら、とりあえずXServerを選んでおきましょう。
定期的にドメインプレゼントキャンペーンをしているので、そのタイミングがお勧めです。